2015年8月25日火曜日

クロスロード完成!放送しました

Crossroad 
カフェのカリスマ「大谷秀政」
8月22日(土)テレビ東京
22:30~23:00










春は、桜が咲く頃から取材を始め、夏本番の8月22日に完成。なんと4ヶ月近くも取材したことになります。この番組枠は、料理人さんや陶芸家、ガラス職人など様々なモノづくり、表現者が登場しますが、今回の番組は、直接モノを作らない人。カフェを作るといっても、トンカチで店を造る人でもないし、カフェの料理を作る人でもない。
要するにプロデューサーなんですね。
プロデューサ-は映像に映らない・・・・そうなんです。映らない。でも面白い人。


大谷さんは、渋谷の東急ハンズ周辺の裏渋谷という場所を中心に、カフェやライブハウスを10軒持っています。

有名なのは「宇田川カフェ」という元祖夜カフェ。朝5時までやっています。もともとミュージシャンを抱えていて、彼らが集まったり、打ち上げをやるカッコイイ店がなかった。それで15年前に造ったといいます。
当時、打ち上げといえば「北の家族」とか居酒屋さんしかなく、コーヒー大好きだし、それならカフェを作ろうということになりました。

宇田川カフェが成功すると、自分の居場所がない。それで、また新しい店を開く。その繰り返し。
店は店長にまかせっきり。季節に1度くらいしかいかないといいいます。「だって、社長が、しょっちゅう来てたらいやでしょう」そんなふうに言いのける。

ワンマンでありながら、人に任せるという放任主義。そんな大谷さんを追いかけたドキュメンタリーです。


ドキュメンタリーといっても情報系ドキュメントが正しい。料理の値段やキャッチコピーもボンボン入るし、エンターテイメント情報ドキュメントというんでしょうか。

番組後半は、上海出店のお話・・・
上海にカフェ&クラブ「上海ローズ」を作りましたが、ややこしい中国の商取引に嫌気がさして、撤退することになりました。
中国のビジネスは難しい。契約書なんてないのも同じ、くるくる条件や金額も変わる。そんなこともあり、2億の負債を抱えて撤退。

「3年間遊ばせてもらったんだから、それでいいんじゃない」と強がるところも大谷さん。内心は穏やかじゃないと思うけどね。
ここ重要だけど番組ではカットされました。グスン!!そんなこんなで完成しました。






2015年2月12日木曜日

新年会 春LIVE 福活祭

BOSCH&Media Mixture合同新年会

日程:2月10日(火)
会場:Papera(新宿)

毎年、忘年会としてアーティストの皆さんに参加頂き、LIVEを開催してきましたが、昨年末は番組制作の佳境という時期で、開催できませんでした。しかし、あちこちから新年会開催の声を頂きまして実現の運びとなりました。
アーティストの皆さま、お客様ともども、多忙な中をかけつけてくださいました。「音楽で世界一周したみたいだ」との感想も頂き、多くの皆さまの参加を頂きまして、誠にありがとうございました。



怪人、暗黒プロデューサー康芳夫(左)、㈱ボス代表 平林猛
春を祝って!

開会挨拶は、半世紀を超える友情!で結ばれた怪人、暗黒プロデューサー康芳夫さんと㈱ボス代表 平林猛。康芳夫さんは、小説「家畜人ヤプー」の全権プロデューサーであり、あの「オリバー君来日」、「アリと猪木戦」、石原慎太郎隊長「ネッシー探検隊」など多くをプロデュース。
平林猛は、週刊現代記者であり、「にっぽん人 高見山大五郎」(講談社)「―「暴走族」青春のモノローグ (大和出版年) 」他数多くの本を執筆。テレビ番組、映画のプロデュース。日活ロマンポルノ「女高生偽日記」では監督に荒木経惟、助監督に中原俊、スチールに宇崎竜童を起用。他作品にドキュメンタリー映画「祭爆」~までぃに三味線奏でるべ~、「ぬくめどり」~鷹匠の世界~。


【ギターインストロメンタル】 細川一樹
 演奏のトップを飾るのは、ボスのWEBや映画のWEBデザインをお願いしている細川一樹さんのギター。LIVE活動されているのですが、ちゃんとギターを聴いたのは初めて。しなやかな音色のギターが「福活祭」のスタートをきりました。

細川一樹さんのいつもボスWEBデザインありが
とうございます

【Empty】 石川均と倉本和人&伊藤茂利
次に登場頂いたのは「Empry」。石川均映画監督と倉本和人撮影監督で結成されたバンド。
今回、音響を担当して頂いた伊藤茂利音楽監督さんも参加してくださいました。石川監督の軽やかなウクレレと甘い声で魅了してくれました。このお店を紹介して下さったのは石川監督でした。ステキなお店ありがとうございました。
「Empty」の軽やかな音楽。伊藤さん1日お疲れさまでした!
一緒に祝いました!

忙しい中をかけつけてくれた皆さんに感謝です。参加された方々のなかには、ドイツのTV局、イランの絨毯デザイナーを始め、埼玉、川越からも参加して下さいました。イランからは、絨毯デザイナーのハミド・ピルモラディさん。


お客様がじっと見つめているのは暗黒舞踏の南阿豆さんの舞踏
ハミドさんの家は、王室に納入する何百年も続く絨毯の工房です。ハミドさんのデザインは絵画的。また、絨毯商人は王室に出入りでき、王様の相談役のような存在でした。今でもその伝統があり、UAEの王室関係者に知人が多いので驚きです。この日は自らデザインしたシルクの絨毯を持参、皆が触ってそのしなやかさを実感しました。
イランからのお客様、ハミド・ピルモラディさん。自分でデザインした
シルクの絨毯。良い絨毯の見分けかたは、密度が細かい。
表と裏の絵柄が一緒。デザイナーのサインがある。
まさに復活!「ちゃんちゃこ」
フォーク全盛時代、2年ほど活動したフォークデュオ「ちゃんちゃこ」。「空飛ぶくじら」でブレークしました。そして昨年、40年ぶりに復活コンサートを東京で開催、京都でも開催します。今回は、ギターとヴォーカルのきたかたよしろうさんと仲間「ちゃんちゃこカンパニー」として参加してくれました。
また、音楽活動している息子さんも飛び入りで参加。あたたかいステージになりました。

「ちゃんちゃこカンパニー」右はフォークデュオ
「ちゃんちゃこ」のきたかたよしろうさん
40年ぶりに再結成されました!2月22日は京都で復活コンサート
きたかたさんの息子さんが飛び入りで参加、ディランの
「風に吹かれて」を歌いました

民族音楽でめぐる旅♪
トゥクトゥク・スキップ&Karuna(from Pranaile)

アイリッシュ、ケルト音楽、ブルーグラスをはじめ、英米フォーク、東欧、アジア、世界のルーツ・ミュージックの演奏活動している「トゥクトゥクスキップ」。それにべリーダンズのkarunaさん。LIVEや教室を終えてかけつけてくださいました。当日は新しいアルバムが完成し、先行発売というめでたい日になりました。
karunaさんのダンスが入り、どうしてもフォークダンスを踊ってしまいそうな軽やかなサウンドに、思わず皆が踊り出すという楽しいステージになりました。リそして、ーダーのよねっちさんのリードでお客様が拍手で音楽に参加!みな大盛り上がり。アイリッシュ音楽に魅了されました。
 
★よねっち:マンドリン、ムトゥ・アラータ:バイオリン、宮尾範和:ギター
 &karuna:ベリーダンス
会場は一気にアイリシュ!
Tuk Tukとkarunaさんと飛び入りで踊り参加の南阿豆さん
モンゴルの蒼い風セーンジャー&サラ

モンゴル音楽、馬頭琴奏者のセーンジャーさんと歌手のサラさん。来日15年のセーンジャーさんと昨年来日した歌手志望のサラさん。野方でのコンサート終わり、かけつけてくれました。馬のいななきに聞こえるほど迫力あった馬頭琴とさわやかなサラさんの歌に感動!
セーンジャーさんとサラさん。白い布はハタグ
とよばれる祝いごとに使う布です
暗黒舞踏 南 阿豆(みなみ あず)


南阿豆さんは昨年暮れ本忘年会と舞踏史の中の舞踏家石井満隆氏との共演が予定されて中止が二度続いた不運をとても残念がっていて、今回、ひとりだけでも踊りたいということで参加頂きました。
2005年 舞踏を始める
2008年 コンテンポラリー田楽主催
「田踊りとちんどん」「アメノウズメ伝」「田楽舞い」「一人祗園祭」「花紙の舞い」
2012年 舞踊批評家協会 新人賞受賞

南 阿豆(みなみ あず)さん
バリトンサックス 土田さとし ギター宇田智美
毎年、忘年会には欠かさず参加して頂いている土田さとしさん。いつ聴いても、深いバリトンの音色は素晴らしい、ゆったりしたなか、大人の時間が広がりました。ギターの宇田さんも軽やかで素敵でした。
バリトンの音色にうっとり・・・・・


出演してくださった皆様、参加頂いた皆様、ちょっと都合で来られなかった皆様、ありがとうございました。皆様に「福」多き1年になりますように!!



2014年11月2日日曜日

BSジャパン「シンフォニージャパン」公開に向けて

ドキュメンタリー番組「シンフォニージャパン」の制作発表が行われました
10月31日(金)15:00~15:50
テレビ東京 10F特別試写室

放送:12月29日(月)
時間:21:00~22:55
作曲家 千住明

53年前の幻のフイルムを発見!
その映画は作曲家、團伊玖磨と写真家の大竹省二が製作した28分の映像音楽のみで構成
されたシンフォニー映画です。
そのフイルムが倉庫から発見されましたのを機に新たな「シンフォニージャパン」を作ろうと作曲家の千住明と写真家の桐島ローランドが立ち上がりました。この35mmフイルム発見のストーリーと、
新作品に挑む千住、桐島さんの奮闘ぶりなどを交えた2時間のドキュメンタリー番組です。

写真家 桐島ローランド












女優 草笛光子さん

2年間にわたって製作されたこの番組は、1本の映像から始まります。それは、インタナショナル映画という、陸奥陽之助氏が代表を務める映画製作会社で古い映像が入ったDVDを何枚か見せて頂いたなかに1961年に製作された「シンフォニージャパン」と書かれた1枚のDVDがありました。会社の方に聞いてもよくわからない不思議な映像でした。その映像を見て驚きました。音楽は作曲家、團伊玖磨、映像監督に写真家の大竹省二が製作した28分の映像音楽映画でした。
1961年といえば、60年安保の混沌とした時代にあり、オリンピックを控え、高度成長まっただなかの時代でした。そんな時代を映した映像に、音楽を乗せた作品でした。


10月31日テレビ東京での記者会見

しかも、その映画は海外で賞をとりながらも日本未公開。それは是非、日本の皆さんに見て頂きたいという思いから、新たに千住明さんの作曲で、今の日本を描く「シンフォニージャパン」を作るという企画として立ち上げました。

もともと千住明さんとは、30年近いお付き合いがあり、テレビ界での活躍の足がかりをお手伝いしたのが平林猛プロデューサー。長編ドキュメンタリー番組の作曲をお願いしたのが始まり。演奏は千住真理子さんでした。そんなご縁でのお付き合いです。

千住さんが名古屋芸術ホールで演奏した「オペラ 万葉集」での
番組スタッフと記念撮影

ではでは、映画監督には誰を、ということで監督探しが始まります。さまざまな監督の候補の中、写真家である桐島ローランドに白羽の矢が当たりました。ご本人も、長年、千住さんのポートレートを写していた関係から、快く引き受けて頂きました。

山梨県吉田の火祭り撮影中の桐島さん
東京、名古屋、山梨、筑波・・・さまざまな地での撮影と、女優草笛光子さん、作家の下重暁子さんなど豪華ゲストのインタビューなど交えた番組を現在製作中です。


作家 下重暁子さん。陸奥陽之助さんと親交があり、陽之助
さんの両親を描いた「純愛」を出版しました

女優の草笛光子さん。写真家大竹省二さんとの感動の再会
のシーンは、心打たれるものがありました

台風の余波の中、国立音大での撮影。千住さんが團伊玖磨氏
手書きの楽譜に対面しました。

2014年8月11日月曜日

映画「ぬくめどり」さいたまプレミアム上映会

8月16日(土)
彩のくにさいたま芸術劇場 映像ホール

埼玉の上映会を望む声をたくさん頂きまして、この度、埼玉で初めての上映会を開催します。詳しくは、ブログ右の「ぬくめどり」のコーナーの「今後の上映スケジュール」をご覧ください。

この日は、プロデューサー平林さん、総合演出の椚山さんとホールで打ち合わせ。
(写真ボケボケですみません)
ホール技術の方と、ステージ、上映機器、控室など詳細の打ち合わせです。


左椚山さん、右平林さん
監督自らPR嬢?冗?

さいたま地域の方々から

「お店早じまいして夜の部に行くよ!」
「家族3人で行きます!」
「夫婦で行くよ」
などと嬉しい言葉を頂きました。
見沼たんぼのフレッシュフレッシュ野菜たち!

それから、新鮮な野菜・・・。この野菜は、見沼たんぼの斉藤洋ラン園のご主人から頂いたものです。斉藤さんは、オオタカやチョウゲンボウなどよく見かけるそうです。チョウゲンボウの巣立ちを見たともおっしゃっていました。うらやまし~!
今度、案内して頂こうと思っています。

鳥の天国 見沼たんぼ

この度のトークのパネリストの青木義脩さんから、近所で燕が集団で烏を追っているシーンを見たとおっしゃっていました。また、カラスが雀をくわえて、空き地に持っていき、羽をむしって食べている姿も見たともおっしゃっていました。

鳥には鳥の世界が空で繰り広げれているんだなと思いました。

そもそも、鳥に興味を持ったのは、我が家の雨戸の戸袋に鳥が巣を作り、巣立ちを見たことに始まります。感動でしたね。そこには鳥たちの世界、シンとした空気が流れ、親と子供の視線のみが強く、人間を寄せ付けない。
そのシーンに出くわした人間には、鳥たちの神聖な空気に入れ込めない。それが実感でした。

そんなドラマが繰り広げられる「見沼たんぼ」の自然。
トークでは、そんなお話が聴けるかも。
どうぞ、お楽しみに。













2014年5月7日水曜日

五月晴れ、乙女文楽

大正から昭和へ・乙女文楽。
「増補大江山酒天童子」(戻り橋の段)
「傾城阿波の鳴門」(順礼歌の段)
●5月4日(日)
●ひとみ座 第一スタジオ

右から画家の榎さん、ジャーナリストの樋渡さん、
お弓を遣った亀野直美さん。

久しぶりの文楽に心躍る気分。
かつて雑誌「わび」の取材を通して交流のあった吉田玉男さんの人形が大好きで、大阪、東京公演と追っかけ状態でした。その時の気分を思い起こさせてくれました。
映画「ぬくめどり」がきっかけでお付き合いさせて頂いているジャーナリストの樋渡さんの案内で公演を知り、日吉のひとみ座に向かいました。文楽の絵うぃ描いておられる榎さんも「ぬくめどり」の試写会に来て頂きました。

さてさて
人形浄瑠璃文楽は3人遣い。乙女文楽は人形はひとり人遣いで、立ち回りはスピードもあり、ひとりではどうかと思っていましたがその心配はありませんでした。
80年の歴史があります。頭は、三味線の糸で人形遣いの頭にとめるというもので、頭の動きの制限がありましたが、それも大した支障もなく、物語を楽しむことができました。

演目は、「増補大江山酒天童子」(戻り橋の段)
渡辺綱役の小林加弥子さんのりりしいこと。

下の写真は、公演が終わって、記念撮影。子別れの涙の物語「傾城阿波の鳴門」お鶴と握手する女の子。
お鶴を遣った松島麗さん。後は、ひょっこりひょうたん島の人形たち

乙女文楽は、大正から昭和の初めにかけて考案されたもので、昭和42年に「ひとみ座」が桐竹千恵子師匠の芸系を継ぎ、国内外で公演を行っています。


15キロある人形は腰で支え、両手は両手。膝に
人形の足をくくりつけてひとりで遣います






2013年12月24日火曜日

ドキュメンタリー映画「ぬくめどり」~鷹匠の世界~1220

ウオームアップ映画「ぬくめどり」12月20日
in マロウドイン赤坂

「鷹祭」開催!


年末のひととき、お集まり頂いた皆さんに、鷹や鷹匠さんたちと交流を深めて頂き、鷹を身近に感じてもらいたい、興味を持っていろんな方に話をして頂きたい、映画「ぬくめどり」を応援してもらいたい!そんな気持ちで開催しました。

★詳しくは、本ブログの「映画「ぬくめどり」~鷹匠の世界~」のページをごらんください。
http://nukumedori.blogspot.jp/

左から、大塚紀子鷹匠、時天空席、諏訪流17代宗家田籠善次郎鷹師

2013年11月29日金曜日

ドキュメンタリー映画「ぬくめどり」~鷹匠の世界~

撮影快調!
11月18日「十二の鷹」を撮影

東京都国立近代美術館工芸館

6年ぶりに公開された鈴木長吉の「十二の鷹」を撮影を
撮影しました撮影には、諏訪流十七代宗家田籠善次郎鷹師と大塚鷹匠が参加し、鷹の羽の文様や、しぐさなど、細かなところまで
説明頂きながら撮影しました。